時代とともに進化する勤怠システム

###Site Name###

最近では働き方の多様によって、昔のような全社員が同じ時間に出勤して働くというスタイル以外の企業も多くなっています。

特に個人裁量にて仕事を進められるものについては、一定の勤務時間帯を決めて、一定の時間帯は必ず会社にいなければならないが、それ以外の時間帯については自由に勤務できて、合計で1日に必要な勤務時間を働けばいいようなフレックスタイム制を導入している企業も多くなっています。

気になるAmeba Newsについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

そのように個人によって勤務時間が違うことで、勤怠システムの存在が重要になっています。

多くの場合は個人が出勤時、退勤時に勤怠システムにICカードを接触させることによって、また他の方法によって自分の働いた時間を申請することになります。



この場合、勤怠システムが従来のようなタイムカード方式であれば、そのカードに印字された時間に基づき勤務時間や残業時間を算出することになりますが、勤務のスタート時間が個人によって違うために計算に手間取ることが多いです。



働き方の自由化で事務処理に時間がかかっても業務が非効率なために、最近の企業では勤怠システムは電子化されて、その勤務時間や残業時間についても自動的におこなわれるシステムを導入している企業が多いです。
今後も自宅勤務であったり、SOHOという働き方が普及してくることで勤怠システムもインターネットやパソコン等のシステムを活用したものが必要になり、それぞれの時代の働き方に応じた形で進化します。