タイムカードの勤怠管理について

###Site Name###

タイムカードといえば、企業における勤怠管理の手法としては、定番のものとして定着化しています。

一般的な場合には、会社に着くと出勤の打刻をすることになります。
また、退社する際には、退社の打刻をするという具合に使うものであり、日本のオフィスや工場などにおいて、なくてはならないものといえます。
そんな便利なタイムカードですが、悪意を持った人がいる際には注意をする必要があるのも事実です。

タイムカードだけ他人に打刻させることにより、自らは出社しないというケースも現実的に報告されています。

マイナビニュースならこちらが人気です。

勤怠管理がきちんとなされていない懸念があるといえます。

そんな中において、登場したのが、IDカードです。

IDカードを導入することによって、専用の機器にタッチすることによって、出退勤時間が打刻され、従業員の管理ができるというものです。



今では、オフィス内の出入り口にゲートを設けるなどして、厳密に入場出場の管理をする企業も多くなっています。勤怠管理はもとより、不審者の侵入防止にも一役買っているといえます。

さらには、業務で使うとされるパソコンなどにおいても、勤怠管理をするという流れが起きています。



パソコンを使う際には、その従業員固有のIDとパスワードが必要になることから、残業時間の把握や休日出勤の有無などの管理もできるようになってきました。

タイムカードの進化とともに、企業における勤怠管理もより精度を増しているといえるでしょう。